研究開発センター

 全薬工業の研究拠点・研究開発センターは、東京都練馬区大泉の閑静な住宅地に位置し、約12,000㎡の敷地に2棟の研究棟(延床面積約8,000㎡)を有しています。
 1962年の研究所開設以来、1975年の新棟竣工、1989年の本館リニューアルと時代の要請に応えるべく、研究設備の拡充を図ってまいりました。
 緑豊かな地域にある研究拠点として、周辺環境に配慮しつつ、基礎研究から発売まで、部門の垣根を越えた研究を実践しています。

トップへ